サルでもわかるFX・先物入門サイト

FX・先物を始めたい初心者の方へ

大切なのは”知る”ことです。

そもそもFX・先物とは何なのか、違いはどこにあるのかについて知ってもらうためのサイトです。

リスクオフ相場での取引はどのようなものか

リスクオフの相場は、リスク音相場の反対だと考えると分かり易いでしょう。

一般的に、経済状態の不安材料が発覚したり、アメリカ経済の悪化が発表されることなどにより、世界中の投資家が不安に駆られ、リスクのある通貨や株または先物市場では原油を打って、安定した通貨である日本円やアメリカドル、金等を買う動きに出るのです。

ただし、リスクオフ相場はリスクオン相場に比べて明らかに速い動きを見せるのがリスクオフとリスクオンで大きく違う点です。ここでいう速いとは、値動きが非常に大きくて速いことを意味します。リスクが高い通貨を所有している人は、経済に対する悪材料が出ると全て売り払ってしまうことが原因であると言えるでしょう。

さらに、このような売りが売りをよんで大きく相場が下落すると、損をしてもいいから大損する前にどんな値段でもいいから打ってしまおうという投げ売りを引き起こします。

これがリスク音とリスクオフの動きの違いです。一般的に、リスクオフでは一気に値が下がりやすいので、初心者トレーダーの方は特に気をつけて売買を行うと良いでしょう。

FX初心者のためのリスクオフ・リスクオンまとめ

  • リスクオンでは資源国通貨や発展途上国通貨が買われる
  • リスクオフでは、安定した日本やアメリカの通貨が買われる
  • リスクオンでは、株や原油などが買われる
  • リスクオフでは、安定した価値を持つとされる金が買われる
  • リスクオフ相場の方が、リスクオン相場より値動きの速さが速い

FX用語集

アスク・・・金融商品取引者が価格を示して特定数量の商品を売りつけるということを申し出ることです。

受渡日・・・取引した通貨を交換する日を指し、決済日のことです。

売決済・・・買いポジションを手仕舞うために行う売付取引のことです。

売りポジション・・・売付取引のうち、決済が終わっていないもののことです。

買決済・・・売ポジションを手仕舞うために行う買付取引のことです。

買ポジション・・・買付取引のうち、決済が終わっていないもののことです。

外国為替証拠金取引・・・通貨を売買する外国為替取引と取引金額よりも小額の証拠金を預託して大きな取引を行う証拠金取引を合成した取引のことです。

逆指値注文・・・売買取引注文をする時点よりも上がったら買い、下がったら売るという注文のことです。

指値注文・・・価格の限度を示して行う注文のことです。

証拠金・・・取引の契約業務の履行を確保するために差し入れる必要のある証拠金のことです。

スプレッド・・・買値と売値の差のことです。

スワップポイント・・・各通貨の金利差に基づいて算出される額のことです。

成行注文・・・あらかじめ価格を設定しないで行う注文のことです。

両建て・・・同一通貨ペアの売建玉と買建玉を同時に持つことです。

レバレッジ・・・預け入れた現金で何倍ぶんの取引ができるかということです。

ロスカット・・顧客の損失が所定の水準に達した際、金融商品取引業者がリスク管理のために顧客の未決済ポジションを強制的に決済することです。

デリバティブ取引・・・その価格が取引対象のかちに基づいて派生的に定まる商品の取引のことです。

先物について知る
先物とFXの比較を見る