サルでもわかるFX・先物入門サイト

FX・先物を始めたい初心者の方へ

大切なのは”知る”ことです

そもそもFX・先物とは何なのか、違いはどこにあるのかについて知ってもらうためのサイトです。

FXについて

FXとは「Foreign Exchange」の略称です。
正式名称は外国為替証拠金取引となっています。

FXとはどのようなものかというと、異なった通貨を売買することです。
FXでは円やドル、ユーロ等々の通貨を買ったり売ったりします。

通貨のレートは常に変動しており、FXではレートの変動を利用して利益を出していきます。


例で考えてみましょう。
1ドル100円の時に1000万円分のドルを買ったとします。
そして、1ドルが110円になったら100万円の利益となります。
この場合は円安になればなるほど利益が大きくなるということです。

FXでの利益の出し方がわかったと思います。
では次に実際にどのようにFXの取引をするのか見ていきましょう。

FX取引の流れ

FX取引をするには以下の3つの手順を取る必要があります。

  1. 口座を開設する
  2. 入金をする
  3. 取引を行う
①口座を開設する
口座開設をスムーズに行うために、マイナンバー・本人確認書類をあらかじめ準備するのがおすすめです。

②入金をする
ネット上で入金するか、振り込み専用口座に直接振り込んで入金します。

③取引を行う
通貨ペア、取引数、注文方法等を選んで取引スタートです。

FXのメリットは何か?

以下の3つがFXの主なメリットです。

  1. 不況でも利益を出すことができる
  2. スワップポイントという金利が発生する
  3. 少額でも大きな投資をすることができる

I 不況でも利益を出すことができる


通常の投資だと、買いの後に値が上がった時点で売って利益を出すのが一般的でしょう。
しかし、FXでは下落しているときでも利益を出せます。

株は好景気でないと利益を出すことができません。
しかし、FXだと円安や円高、不況といったどんな相場においても利益を上げることができるのです。

それはなぜでしょうか?
FXは2つの国の通貨の交換価値の変動を利用する取引であるということが理由です。
相場が上昇トレンドでも下落トレンドでも儲けることができます。

FXは「買い」だけでなく「売り」もできます。
外貨を先に売って後で買い戻すのです。

例えば1ドル110円の時に1000万円分のドルを売りに出します。
そして、1ドル100円になったタイミングで買い戻すと100万円の利益となります。

「売りから入る」というのはFXならではの取引です。

買いと売りをうまく使っていけば好景気でも不景気でも利益を出し続けられるのです。


II スワップポイントという金利が発生する


FXのイメージとして、売買によって利益を出すことがメインだと思うでしょう。
しかし、FXでは外貨を買って保有しているだけで外貨預金金利のように資金を増やしていくことが可能です。

つまり、キャピタルゲインだけでなくインカムゲインも得られるということです。

FXでの金利の仕組みをスワップポイントと言います。
FXで売買を起こったときに発生する2国間の金利の差により発生します。


III 少額でも大きな投資をすることができる


少ない資金で大きな投資ができることもFXの魅力の1つです。
投資をする際、大きなリターンを得るためには多くの資金が必要です。
FXの場合、レバレッジをかけられるので手持ち資金より多くのお金を投資することができます。

例えば、手元に30万円の資金があるとしましょう。
FXでは25倍までレバレッジをかけられるので、もし20倍かけると600万円分の取引ができるということです。

レバレッジはテコの原理を意味します。
30万円で600万円分の取引ができるというのはまさにテコの原理なのです。


続きを読む/FXのデメリット


投資の世界にはFXや先物の他にも様々な商品あまりす。
多種類の金融商品を比較しているサイト があるのでお時間あればチェックしてみてください。