サルでもわかるFX・先物入門サイト

FX・先物を始めたい初心者の方へ

大切なのは”知る”ことです。

そもそもFX・先物とは何なのか、違いはどこにあるのかについて知ってもらうためのサイトです。

FX取引に必須のリスクオン・リスクオフの違いとは

リスクオンやリスクオフ、リスク先行相場やリスク回避相場という言葉を聞いたことはありますか。

おそらくFX初心者にとって聞きなれない言葉であると思います。しかし、このリスクオン・リスクオフを知っていると、相場の動向を柔軟な目で見ることができるので、知っておくことは非常に重要です。

リスクオンとリスクオフについて

リスクオン・オフと聞いてどのようなものを想像するでしょうか。

リスクオンとはリスクを好んでとっている状態、反対にリスクオフとはリスクを好まないで回避している状態を示します。

ですので、FXでリスクオンの状態ではリスクはありますがリスクを乗り越えることができれば大きな利益を獲得することができます。すなわち、リスクオンとはハイリスクハイリターンの通貨を好んで購入している状態を示すのです。

リスクオフとは反対に、リスクは小さいけど安定している通貨を好んで購入され、逆にハイリスクハイリターンが期待される通貨は売られる状態を示します。

では、リスクオンとオフについて学びましたが、一体リスクオンとリスクオフの相場展開が起こっている最中にはどのような通貨間の関係や他の商品先物との関係が怒っているのでしょうか。

リスクオン相場での取引はどのようなものか

リスクオンの相場は後ほど説明しましたがリスクのある通貨が買われている状態です。リスクのある通貨とは、一般的にはオーストラリアドル・ニュージーランドドル・イギリスポンド・カナダドル・欧州ユーロなどがあげられます。

発展途上国の通貨が主に当てはまります。発展途上国という性格上、経済状態が安定していない場合も多く、通貨の価値も安定していない場合が多いと言えます。しかしながら、金利という面では主に高く設定されている傾向にありますのでリスクオンの相場で買われる傾向にあるのです。

リスクオン相場が起きるきっかけは、世界的経済の安定が観測されることから始まります。 例えば、世界的影響力の強いアメリカの経済指標がよかったことや、それまで経済的に問題とされていたことが解決する場合等があげられます。

つまり、世界中の投資家が、経済状態がこの先安定すると考えてリスクのある資産を買う動きをするのです。

リスク相場の傾向的に、アメリカドルや日本円等の低金利通貨や安全資産とされている金は売られ、資源国通貨や発展途上国通貨、また株や原油等が買われる傾向にあります。

注意点として、リスク先行相場はジリジリと長く続く傾向があり、そろそろリスク音相場も終わるのではないだろうかと考えて安易に売りで取引をすると、なかなか落ちてこないというようなこともある点が挙げられます。


続きを読む/総まとめ・FX用語まとめ


リスク管理が難しい取引は最近話題のAIに任せた方が儲かるのではとお思いの方もいるのではないでしょうか。
そんな方は AI投資に奮闘しているブログサイト があるのでお時間あればチェックしてみてください。