サルでもわかるFX・先物入門サイト

FX・先物を始めたい初心者の方へ

大切なのは”知る”ことです。

そもそもFX・先物とは何なのか、違いはどこにあるのかについて知ってもらうためのサイトです。

先物取引ってなに?

先物取引という言葉、投資に興味がある方なら聞いたことがあるかもしれませんが、実際どういうものなのか理解しているでしょうか?
先物取引は、現物取引に対応する取引の形態で、価格の決まっていない未来の商品を取引することです。
未来の商品?そんなのどうやったら売買できるんだ?と思った方もいるかもしれませんね。

ところが、それを実現してしまう方法があるのです。
今回の記事では、そんなちょっと不思議な先物取引について説明します。

わかりやすい例から考えてみましょう

あなたはイタリアン・レストランの店主です。料理に強いこだわりを持っており、原材料の多くは本場イタリアからの輸入品を仕入れています。
ある年、イタリアで異常気象がおこり、小麦、トマト、オリーブといったイタリア料理に欠かせない食材の値段が高騰しました。
しかし、レストランで提供している料理の価格はそんなに簡単に上げられるものではありません。

価格が変わらないままコストは上昇するのですから、当然利益は減少します。 お店にとっては明らかによくない事態です。 どうしたらこのようなリスクを回避することができるのでしょうか?


その答えの1つとなるのが、先物取引です。
先に挙げた事例をもとに、オリーブを商品として先物取引を考えてみましょう。 レストランの店主であるあなたは、オリーブを取り扱う業者と「今後1月ごとにオリーブ30キログラムを5万円で1年間にわたって継続購入する」というような契約を結びます。

これによって、たとえ不作などでオリーブの価格が上がったとしても、契約の際に約束した金額でオリーブを購入することができます。
つまり、市場価格の上昇を無視することができるのです。
どうでしょう?先物取引のイメージがわいたでしょうか?

先物取引 ポイント整理

①特定の商品(原資産)を
②現在の時点で取り決めた価格を用いて
③予め決められた未来のある時点で売買する
事を約束した取引
であるといえます。

①「特定の商品(原資産)」について
先物取引で扱われるのは、時間が経過するごとに価格が変動する各種商品です。また場合によっては数値の変動する指数が対象となることもあります。

②「現在の時点で取り決めた価格を用いて」
先物取引のみそは、実際の売買をするより前の時点で価格を決めておくという点です。
これによって、商品売買につきものの価格変動リスクを回避することができます。

③「予め決められた未来のある時点で売買する」
そうしてあらかじめ決められた価格によって取引されるため、取引価格は安定しています。不測の値下がりによって損をすることはありません。

さて、先物取引の概要について理解できたでしょうか。
次回は、先物取引と一般的な株取引を比較することで、先物取引の特徴をより明確にしていきましょう。

続きを読む/先物と株の違い


先物取引に興味がある方は投資顧問会社で働いてみてはいかがでしょうか。
東京総合研究所という先物に強い投資顧問会社 があるのでお時間あればチェックしてみてください。